最新検査設備で
卵巣の予備能力を
くわしく把握

AMH

AMH(アンチミュラー管ホルモン)とは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで、女性の卵巣予備能の指標となるホルモンです。

体内にある卵子の数は生まれつき決まっていて増えることはなく、徐々に減っていきます。卵子の数は人それぞれ異なるので、現時点で自分に卵子がどれくらい残っているかを確認することは、非常に重要なことです。

AMHは、あくまで卵子の数の目安であって、質の良し悪しを表すものではありません。質は年齢と一番相関していますので、AMHが低いから妊娠の可能性が低くなるわけではありません。ただAMHが低いと卵子の数が少ないことになるので、妊娠できる期間が短いことを意味します。また、AMHが低くても妊娠できる可能性はありますので、自分の状態をきちんと把握し、治療を進めていくことが大切です。

AMHは、あくまで卵子の数の目安であって、質の良し悪しを表すものではありません

AMHは、あくまで卵子の数の目安であって、質の良し悪しを表すものではありません。

当院のAMH検査は

当院では、初診時に最新のアクセスAMHを使用して詳細なAMHの値を測定し、年齢や不妊歴、合併症などと総合的に検討したうえで、患者さんに適した治療計画を考えていきます。

アクセスAMH測定値の年齢別分布

検査については、血中ホルモン検査 AMHをご覧ください。