無事に育つ姿を
見届けたいと願う
患者様へ

不育症の治療

当院では不妊・不育専門クリニックとして、不妊症のみならず、不育症の治療にも取り組んでいます。分娩施設への紹介までの良好な状態を支えるため、不育症専門の治療・心理的サポートなども行っています。

不育症とは

不育症の定義は、2回以上の流産(死産、早期新生児死亡の既往)がある場合とされています。
繰り返す流産などの喪失体験は、肉体的・精神的ダメージが大きくなりますが、今後の妊娠継続に向けて、
不育の原因(偶発的な染色体異常、リスク因子)をしっかり見極めることが必要です。

流産について

流産を2回以上繰り返した場合は「反復流産」、3回以上繰り返した場合を「習慣流産」と呼びます。流産は全妊娠の10〜20%で起き、流産全体の約90%を妊娠12週未満の早い時期が占めています。その原因の80%は、胎児(受精卵)の偶発的な染色体異常によるものです。流産の割合は、10代〜35歳までは横ばいですが、35歳以降は上昇し、45歳以上では80〜90%に至ります。妊娠された方の約40%の方が、一度は流産を経験していると言われています。

【生化学的妊娠について】

超音波検査で胎嚢が見えることなく、妊娠反応(hCG:ヒト絨毛ゴナドトロピン)陽性という生化学的反応のみで妊娠が終わってしまうこと。臨床的に、妊娠や流産として扱われません。

不育症のリスク因子

流産のリスク因子には、子宮の形態によるものや内分泌・血液の凝固系、自己免疫、夫婦の染色体異常などが挙げられます。グラフは全国で不育症患者さんに不育症の検査を実施し、リスク因子別頻度をまとめたものです。

不育症のリスク因子

  • 子宮形態異常
  • 甲状腺異常
  • 染色体異常
  • 抗リン脂質
    抗体陽性
  • 第Ⅻ因子欠乏
  • プロティンS欠乏
  • プロティンC欠乏
  • 偶発的流産・
    リスク因子不明
不育症のリスク因子

発表:厚生労働省不育研究班
n=527(年齢34.3±4.8、既往流産回数2.8±1.4回、重複有り)

不育症 リスク因子の検査

子宮形態検査 子宮の内腔が正常かどうかを見ます。子宮形態異常には、中隔子宮、双角子宮、弓状子宮などがあります。他に子宮粘膜下ポリープや子宮粘膜下筋腫の有無を調べ、必要に応じて手術で切除します。
内分泌検査 甲状腺機能亢進・低下症や糖尿病、高PRL血症などは、流産のリスクが高まります。妊娠前から妊娠中にかけて、良好な状態を維持していくことが重要です。
染色体検査 夫婦のどちらかに均衡型転座などの染色体異常があるかを調べます。
自己免疫検査 SLE(全身性エリテマトーデス)、リウマチ疾患、橋本病、膠原病など、自己免疫疾患を調べます。代表的な疾患は、SLEのLAC陽性(ループスアンチコアグラント陽性)です。抗リン脂質抗体(※)もこの中に含まれ、流産を起こす因子です。
血液凝固因子検査 血栓症などにより流産・死産を繰り返すため、プロティンS欠乏症、プロティンC欠乏症、第Ⅻ因子欠乏症などを調べます。

※抗リン脂質抗体とは

全身の血液が固まりやすくなり、膠原病などの疾患や不育症例の一部に認められます。この抗体ができることで、特に血液の流れの遅い胎盤のまわりは血栓が生じやすく、胎児に酸素や栄養がいかなくなり、流産や死産が起こると言われています。

検査項目一覧

リスク因子 検査項目
母体因子 子宮異常 子宮卵管造影、子宮鏡
経腟超音波、内診
MRI
子宮形態異常
粘膜下筋腫
粘膜下ポリープ
内分泌異常 黄体機能異常 黄体ホルモン、PRL
甲状腺機能異常 甲状腺ホルモン、甲状腺自己抗体
糖尿病 血糖値、インスリン、HbA1C
高プロラクチン血症 PRL
自己免疫疾患 抗リン脂質抗体症候群 抗核抗体 抗DNA抗体
抗CLβ2GP1抗体
SLEなど ループスアンチコアグラント
APTT
抗PE抗体
血液凝固系異常 血小板第Ⅻ因子、プロティンC、プロティンS
感染症 梅毒 梅毒血清反応
トキソプラズマ トキソプラズマ抗体
マイコプラズマ マイコプラズマ抗体
クラミジア クラミジア抗原、その他細菌培養
HB、HCV HBs抗原、HCV抗体
夫婦由来の因子 染色体異常 染色体検査
免疫学的妊娠維持機序 クロスマッチテスト、MLC、その他

不育症の治療

1.血液凝固異常の治療

不育症の治療として、抗凝固療法を行います。

低アスピリン療法 血小板が活性化しないように抑え、血液をさらさらにし、胎盤の血栓を予防します。
ヘパリン療法 1日2回12時間毎の皮下注射で血液凝固因子を抑え、胎盤の血流を良くして血栓を予防し、妊娠の継続を図ります。
※副作用…注射部位が炎症を起こしたり、硬くなることがあります。ヘパリン開始時は、血小板減少と肝機能の上昇などもあるため、血液検査で確認します。
2.ピシバニールによる免疫刺激法

免疫学的妊娠維持機序での異常の場合、免疫力を強めて正常化させるため、ピシバニールを使用します。免疫機序全体を亢進させ、まきこみ現象として妊娠の免疫学的維持機序を是正する方法です。

※有効性…未だ結論は出ていません。 ※副作用…局所の発赤・腫脹、発熱があります。

3.その他の治療

大量ガンマグロブリン療法、プレドニン療法などがあります。

心理カウンセリングについて

流産を繰り返す辛さは、周囲には伝わりにくく、時に孤独とさえ感じるかもしれません。「自分が何かしたから・・・」というものではありませんので、決してご自分を責めないでください。回復するまでに時間が必要なときもありますが、からだと心を休めて気持ちに余裕が出てきたら、表出することも必要です。看護師や心理士のカウンセリングも行っていますので、ぜひ活用してみてください。

心理カウンセリングを受ける